薄くすればいいってわけじゃない

最近は、すっぴんが好きだという男性が増えてきました。
ただ、この言葉を鵜呑みにして、完全なすっぴんでいると、女性としての身だしなみが出来ていない、手抜きに感じるといった、マイナスな印象を持たれてしまいます。
男性が言うすっぴんは、盛り過ぎた化粧をした状態ではなく、すっぴんに近いナチュラルメイク状態の事を指すと考えておく方が良いでしょう。
男性がすっぴんを好むとされるのは、メイクをした顔とすっぴんとのギャップが激しい女性が多い事が広まってきた為で、すっぴんが良いのではなく、すっぴんでも可愛い女性が良いという意味です。
そんなすっぴんに近い状態にしようと考えると、まずは薄いメイクを心がけようとする人が多いです。
ですが、ただ薄くしたのでは、雑や手抜きという印象を持たれてしまいます。
実際に、ナチュラルやすっぴん風と言われるメイクというのは、ただ薄く、すっぴんに近づけたものではないという事を覚えておかなければいけません。
すっぴん風に見せようと考えた時、隠せるものはしっかり隠すという事です。
ファンデーションなどをただ薄めに塗った場合、小さなシミやソバカスなど、隠したい部分が隠れない事になります。
こうしたものは隠しておく方が、より魅力的な肌に見せる事ができます。
すっぴん風は、すっぴんの肌を見せるのではなく、すっぴんでこんな肌なら理想という肌を作っていく事が大切です。
ただ、隠したいところを隠すだけで、全体的に塗りすぎる事は避けておく方が良いでしょう。
そして、目などは、元々の状態を活かすメイクを心がける事が大切です。
デカ目や目力などと言われる時代ですが、元の目を活かして、少し魅力的に見える程度で抑えておくと良いでしょう。
そして、入れておきたいのがチークです。
つけ過ぎないようにする為には、塗る前にティッシュオフして置く事が大切です。

ナチュラルメイクをする際は、ただ薄いメイクを目指すのではなく、隠すところは隠し、良いところは引き立てる事を考えておく事が大切です。


トップページ 薄くすればいいってわけじゃない 男ウケだけ狙うと同性からは 第一印象で好感度をアップ メイク術は毎日続けよう 皆のメイク術は